スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュースブログ

年内のブライダルは12月26日(日)を以って無事終了。
活躍してくれたモデルの皆さんお疲れ様でした。
ありがとう。

今日でフロムミュージックは仕事納め。
今年入社のデスク 長坂純子には、正午過ぎに早仕舞いしてもらった。
静岡で用事を済ませ今頃は地元の愛知で家族の笑顔に囲まれて末っ子の素顔のまま
お母様の手料理を楽しんでいることだろう。

つい先ほど、浜田部長が帰った。
そして例により例の如く、社長は自室でクリエイティヴワークに没頭していると思う。

なんとなく一年を振り返ってみたくなりニュースブログを読んでみた。

結構ひとつひとつのことを覚えているもんだなと思った。
新規のクライアントも飛躍的に増えて、堂々No.1ブライダルモデルオフィスと宣言出来る会社になった。
僕たちの期待、いやそれ以上にクライアントのご期待にしっかり応えてくれたモデルたちに
改めて感謝の気持ちをお伝えしたいと思う。
ありがとう。

さて、直近のニュースブログのいくつかに、「笑顔レッスンのおかげで~」とか、
「昨日のスマイルレッスンで笑顔はバッチリ~」との記述を見ることがきる。

年内最後は、10月まで所属していた今井小葵のスケジュールをもらって「笑顔の作り方」と題し、
徹底的に魅力的な笑顔を作るための実践的なレッスンを開催した。

smile.jpg
大きめな手鏡持参必須のレッスン風景

夏頃に一度開催し好評かつ極めて効果的であったため
半年後に再度カリキュラムに組み込んでみた。

確実に愛すべきモデルたちのためになったのではと密かに大満足。
来年以降も有効かつオリジナリティに溢れた施策を次々と展開したい。
なぜなら、僕たちはNo.1 だから・・・。

実は僕たちフロムミュージックには、今井小葵に限らず
様々な分野でスペシャリティを持つモデルがキラ星のごとく所属している。
彼女たちのスキルを分かち合っていける、そんなオフィスにしたいと思っている。

社長はご存知 作編曲家。
そして僕は音楽プロデューサー・ディレクター出身。
本来のモデルビジネスの観点から見れば“門外漢”なのだ。
だからこそ旧来の真似をしても叶わないし、そもそもそんなつもりは微塵もないのだ。

敢えて言うならば、歴史のある学生サークルのような集団に育っていきたい。
一つの目的、キーワードの下に人が集まる。
そこでお互いに影響し合ってスキルを磨き共に成長していく。
もし次の人生、新しい目的・目標を見つけていつか巣立って行ったとしても、
いつでも戻って来られる、いつでも立ち寄ることができる、そんな場所づくり。

僕たちにはできる。
自信がある。

たまには自慢してもいいでしょ?

自慢ついでに・・・。
昨日くらいから「年末のご挨拶メール」を所属のモデルからたくさん頂戴している。
関口美涼からも今日届いた。

こんな写真が添付されていた。

101611.jpg 1016.jpg

実は、あまりにも こっ恥ずかしすぎて、そして あまりにも嬉しすぎてこのブログにも載せなかったのだが
2ヶ月ちょっと前の、もう何回目だか数えるのも鬱になりそうな僕の誕生日に、所属のモデルたちおよびOGが
サプライズでパーティを開いてくれた時の写真である。

“お父さん”は余計だが、泣きそうになった。
なんと男性モデルも多数参加してくれていた。
女性陣には失礼かもしれないが、そのことが嬉しさを数百倍にもしてくれた。

仕事に自信が持てるように、少しなった瞬間かもしれない。
この時、率先して準備をしてくれていた今井小葵をその40数日後に
送り出すことになるとは思わなかったけれど・・。

ついでに公開。
1204.jpg
今井小葵ともうひとり名前を忘れた男性モデルの“卒業式”
年齢差30ジャスト。禁断のひとコマ(笑)

集まり散じて 人は変われど 仰ぐは同じき 理想の光・・と、出身大学の校歌の3番に詠われているけれど
僕たちならこんな風になれるはずだ。


さて、1月6日は会社の新年会だ。
もう恒例となっている。
僕たちしか出来ない、そんな新年会なる。



「ところで、今度の新年会の内容??」

そんなものは、今から考えます。

乞う!ご期待!!







スポンサーサイト
プロフィール

フロムミュージック副社長

Author:フロムミュージック副社長
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。