スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9月、“遅れてきたニューフェイス”のブログ発見!

9月・・・。
フロムミュージック スタッフゆきじのブログ
↑↑↑↑↑
こんなブログを発見した。

昨年よりブライダルの営業を頑張っている
“遅れてきたニューフェイス”杉山幸浩の
血と汗と涙の日常が綴られている。
何卒ご愛読のほど!
(杉山君へ 怒涛の更新、期待してます!!)

yukihiro9.jpg
杉山幸浩近影8月24日付拙ブログ掲載写真のアウトテイク)


さてさて、9月である。
午後、会社の前を東京女学館の白い夏服の集団が渋谷駅方面に向かって歩いていた。
黄色いキャップを被った小学生たちのランドセルも今日は軽そうだ。

夏の盛りの頃より幾分長い影に秋の始まりを実感。

ここ3日間、EW&Fと竹内まりやのスタンダードナンバーは
ラジオ番組のオープニングを何度飾ったことだろう。

いきなりプチ自慢(?)。
1979年の夏の終わり、まだ大学生だった僕は、としまえん(当時は豊島園)の野外ステージで収録した
公開ラジオ番組の伴奏バンドのメンバーとして、ちょいとお座敷がかかり、
竹内まりやの“新曲!!”「SEPTEMBER」の伴奏をしたことがある。
背のスラっとした、笑顔の可愛い女性だった。
衣裳はミディ丈のワンピースだったとうっすら記憶している。
失礼ながら他の出演者は全く覚えていない。

今や死語となってしまったニューミュージックという呼称がバリバリ幅を利かせていた頃のことだ。

翌年ギョーカイに入り、そのまた数年後“SEPTEMBER”の作編曲者:林哲司氏と
一緒にお仕事をさせていただく機会を得た際、
「大サビで、一音下に転調して、サビに戻るところで元のキーになるところ、最高っすよね!」などと、
“語って”しまったことを、今思い出すと実に恥かしい次第である。

ついでながら、後にそれと全く同じ手法を気鋭の作曲家に無理強いし、
結局ボツにしてしまったことをこの際告白し、その彼に謝っておこう。

「M君、ごめんなさい。」
世紀を跨いだ謝罪です。


さて無理やり話を戻すのだが、
この曲の松本隆さんの詞がたまらなく好きなのだ。

夜も更けセブンイレブンに2本目の缶ビールを買いに行くのも面倒になったので
YOUTUBEでこの曲を探して、20代の僕にタイムスリップしてみよう。
「年上の人に会う」ことに、ときめいていた頃へ・・・。





コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フロムミュージック副社長

Author:フロムミュージック副社長
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。