スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬でも冷奴 そして献杯。

11月12日(木)社内定例会議終了後、暫く社内で業務。
21:04 社長と僕は空腹≦喉の渇き に耐えかね徒歩20秒、件の焼肉屋さんに入店。
冷奴withBEER
「松村さん(店長のお名前)今日は寒いですね・・。生ビールと冷奴お願いします!」
焼肉屋さんで冷奴を注文するのもどうかと思うが、応えてくれるお店は有難い。
貴重な植物性蛋白源の摂取、摂取。乾杯!

所属でDIAMOND☆DOGSの咲山類ソロプロジェクトの案件に話題が移った瞬間
社長の携帯電話が鳴る。
みるみる顔が曇り絶句。
編曲家でドラマーの木村直樹氏の訃報。
10日の深夜 くも膜下出血でお亡くなりになったとのこと。

社長とは旧知の仲だが、僕は木村氏にお会いしたことが無い。
ただ彼の音楽に僅か4日前に接していた。
8日(日)横浜で行われた所属の佐々木由布出演のミュージカルの編曲を担当していたのだ。
そのスコアの見事さに社長は感激。
僕が運転する帰路の車中から
「5年ぶりに電話をしますがお元気ですか?佐々木由布がお世話になりました。
ありがとうございました。今日の音楽、最高でした。本当にGREAT JOBでした!」
・・・少年のように興奮した口調で電話をしていた。

気丈に関係各位への電話連絡を済ませた社長は
2杯めの生ビールをオーダー。

「献杯」
献杯


最高の供養は故人を偲んで思い出す限りのエピソードを口にすること。
「凄くパワフルなドラムを叩くんだよね」
「お父様は著名な宗教音楽の研究家で・・・」
「実はあの時のステージで大失敗やらかしてさあ・・」

つい先日、マキノ雅彦(俳優の津川雅彦さん)監督の3年前の作品「寝ずの番」DVDを観た。
(ところで、社長は津川雅彦さんファミリーのCDのサウンドプロデューサーを務めたことがある)
社長の話を聞きながら、いくつかのシーンを思い出していた。

「木村君、自分が死んだこと、気づいていないかもしれない・・・」
印象的な言葉だった。

合掌


by 副社長

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

フロムミュージック副社長

Author:フロムミュージック副社長
FC2ブログへようこそ!

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。